博多中洲川端にてもつ鍋店開業の内装工事ご依頼頂きました

  公開日:2021/02/22

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

博多 もつ鍋店 改装工事 こんにちは〜もつ鍋好きですか?今回は博多区中洲川端商店街のすぐそばでモツ鍋店の改装工事のご依頼を頂いた事例です。









もつ鍋店の居抜き工事事例

前のお店は鹿児島の豚しゃぶを専門に扱っっていたお店だそうで
今度は新しくモツ鍋店としてオープンさせます。

前のお店の内装は一体幾らかけたのか・・・相当手をかけた無いそうだなって言うのが第一印象でした。
なので、今回は居抜き工事となり、その内装の殆どには手を付けることは無くて

主な工事としては、長い掘りごたつのお座敷だった場所を壁を作って完全に個室化を目的とした内容です。

コロナって言う時期もあるかもしれませんが、今回のお客様はコロナに付け加えて、プライベート空間を演出するためにあえて個室を作りたかったのだそうです。

色々とお客さん考えますよね。
良く考えて見ると、個室化って正解だなって思いました。

それもロールスクリーンをおろして仕切る簡易的な半個室とかでは無くてしっかりとした壁を作る事で決して広くは無い空間にはなりますが
ちゃんとした個室になりますよね。

隣や周りのことも気にしなくてよいし最高です。

歓楽街の中洲と隣接しているため、客層もきっとそれを求めてお店にやってくるだろうし
他のお客さんとの接触も避けられますよね。

個室での予約がとれるのは大きいです。
今後はこのスタイルがどんどん拡大していくでしょうね。


飲食店個室リフォーム


モツ鍋店 改装工事 福岡



モツ鍋店 個室リフォーム福岡



掘りごたつ 個室工事



近い将来半個室はなくなるかも

先程も書きましたが今まで飲食店では主流だったロールスクリーンをおろして半個室にするっていうやり方は
今後は凄いスピードで無くなっていきそうな予感がします。

その理由は前途してますが、その他にも理由はあって


今後コロナの影響や不況のアオリなどで、企業の宴会や大人数での会食の機会がことごとく少なくなっていくということです。

飲食店が半個室にこだわる理由としては、いつでも大人数での宴会に備えられるようにですよね。
でもその大人数での会食すら無くなっていくのです。

だったら、中途半端に半個室などしないでいっそのことちゃんと壁を作って個室化するっていうほうが正解なんですよ。
この時期コロナ対策での補助金が出る間に、お店の改装を一気に済ませてしまうのはありですよ。

飲食店の個室化計画
ぜひ参考にしてみてください。

きっと集客の助けになってくれるはずです。


ではでは
福岡の飲食店さんで個室化をしたいと言う方はご相談ください。

お問い合わせは通話料無料のフリーダイヤル
0120-104-504てんぽこうじまで


 

同じカテゴリの記事を読む  予算別施工事例, 業種別工事事例, 100万円〜200万円, 和食店系  

飲食店の開店や改装のことは福岡飲食店内装センターへお任せ下さい!!

店舗の内装工事サービス詳細はこちら(公式HPへ)

無料相談0120-104-504(てんぽ こおじ)
※受付時間:月~日 8時~20時

お問い合わせの際は「福岡飲食店内装センターを見て」とお伝えください

サブコンテンツ

このページの先頭へ