飲食店の居抜き物件とスケルトン状態の物件ではどちらがお得か??


居抜き物件 VS スケルトン物件


 このブログで書かれる「スケルトン物件」とは、床や壁・天井がコンクリートや配管関係がむき出しになっている物件の事を指します。いわゆる何もない状態の物件の事。


飲食店を開業されようとされている方は、

■ 少しでも集客できそうな良い場所。


■ 少しでも安く開業できる様な条件の良い居抜き物件。


■ 自分の理想の内装(お店つくり)が実現できるスケルトン状態の物件。

この様に様々な思いで、色々な物件を歩きまわって探していると思います。


どちらがお得なのか?

 

私のお客様の殆どは、物件をある程度決めてからお問い合わせをして来てくれます。
             

「ある程度」とは、、、、?

最終的に大体2つの物件に絞っている状態ですね。面白いのが、その2つの物件はお互い両極端に違うことが多いのです。


両極端とは、完全な居抜き物件を再利用して使えるものは使ってなるべく初期投資を抑えて行こうとの考えと


初期費用が少々かかってもスケルトン状態から、思い描く空間を創り上げるという物件が残るようです。


ここで注意していただきたいのが、いくら居抜き物件でも、なにも費用がかからないわけでは無いということです。

居抜き物件の多くは、「居抜き料」として、何十万円、時には百万円単位で支払わなければいけない物件もあります。


居抜き料って??


例えば、飲食店の内装工事でもっとも費用がかかってしまう工事内容は、やはり、キッチン(厨房設備)などの什器類、電気工事、トイレなどの水廻りの配管工事、はたまた空調関係ですね。


こうした設備が整って居る物件に入ろうとした場合、「こんなに設備が整っているんだから、お金払ってちょうだい」って言われるんですよ。。。。


多くの場合はこの例外では有りません。


ウン十万円~数百万円を支払って購入した形になったものは、、、、「中古品」・・・・・。

便器も古くて汚いし、シンクだって、換気扇だってとってもアブラギッシュだったりしたら、、、どうします??


だったら新しい物件に入って、スキな工事を好きな様に進めていって、設備関係も「新しくしたほうが気持ち良い」って感じになったりもしますよね。


開業までにかかる費用が

スケルトン物件で500万円

居抜き物件で400万円


その差をあなたはどう捉えますか?


この百万円の差が後々どういった差を生むのかを考えた上で決定するように心がけてください。※なにもスケルトン部件を推進しているわけではないですよ。


どちらにせよ、その「得られるメリット」と「得られないデメリット」を天秤にかけ、優先順位高いものから考えていく方法が良いのでは無いでしょうか?


集客が見込めそうな優良とされる物件は、確かに、売上が見込めますが、そのぶん家賃は高いですし、かと言って賃料の安い郊外の物件では集客はよほど頑張らないと見込めないかもしれませんよね。


出店先の決め方のヒント!!


上記で書いた事例に何か共通点があることに気付きませんか?


・・・・・
・・・・・・・・・・・

そうです。


どちらの物件の選び方も、どちらも「お金」だけにとらわれえてしまっているのです。


AとB、どっちが安くてお得か?・・・・ですよね。


でも、、、、本当はそうでは無いのでは無いでしょうか?


出店場所の選定は、あなたの持っている武器(商品やサービス)を「誰に向かって発信」するのか?を考えた方が良いとおもいますよ!


お客さんを喜ばせたり、また来てみたいって思わせる様な内装工事はできても、その場所が悪ければせっかくの工事も元も子もないのです。


あなたの持っている「武器」を「より効果的に使える場所」を選ぶか選べないかで、永く続くお店になるかそうでないかが決まるとしたら、、、。


この記事を読んで頂いて、物件選びの考えかたを練りなおしていただけるきっかけになったら幸いです。


あなたのお店の成功の秘訣は、店舗の出店場所にあるかもしれません!!


場所が 決まったら後は後は私にお任せ下さい! きっちりと内装工事を仕上げて見せます!!!!


お問い合わせは フリーダイヤル 0120-713-504(ないそう こうじ)まで!!!





飲食店の開店や改装のことは福岡飲食店舗内装.jpへお任せ下さい!!

飲食店の内装工事を北九州で店舗の内装工事サービス詳細はこちら(公式HPへ)

飲食店の内装デザインは福岡飲食店舗内装.jpへ無料相談飲食店の内装デザイン専門店へ連絡0120-104-504(てんぽ こおじ)
※受付時間:月~日 8時~20時
お問い合わせの際は「福岡飲食店舗内装.jpを見て」とお伝えください

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。


»
«

このページの先頭へ